お盆の秋田駅、帰省客まばら こまち乗車率は2~3割

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田新幹線こまちが到着したJR秋田駅のホーム。帰省客らの姿はまばらだった=12日午前10時半ごろ
秋田新幹線こまちが到着したJR秋田駅のホーム。帰省客らの姿はまばらだった=12日午前10時半ごろ

 お盆の帰省や夏の観光シーズンを迎えているが、全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、12日は交通機関を利用して秋田県内入りする人の姿はまばらだった。県は11日に独自の感染警戒レベルを県全域で「4」に引き上げた。県外との往来自粛や、県外に住む帰省者らとの会食を避けることを呼び掛けている。

 秋田市のJR秋田駅では12日午前10時半ごろ、東京発の秋田新幹線こまち1号が到着。新型コロナ流行前であれば乗客でごった返していたホームも、混雑することはなかった。

 JR秋田支社によると、秋田新幹線こまちのお盆期間(6~17日)の利用は、昨年に比べて回復傾向にあるものの、乗車率は20~30%程度にとどまっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 560 文字 / 残り 255 文字)

秋田の最新ニュース