「全員でつかみ取った準優勝」 IH剣道男子、秋商が快進撃

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【剣道男子団体】強豪を撃破し準優勝を果たした秋田商=いしかわ総合SC
【剣道男子団体】強豪を撃破し準優勝を果たした秋田商=いしかわ総合SC

 剣道男子団体の秋田商が快進撃を見せた。決勝では王者・九州学院(熊本)に1―2で敗れたものの、並み居る強豪を打ち破り、見事な準優勝。高橋伸友監督は「みんな、良い試合をしてくれた。胸を張って秋田へ帰れる」と語った。

剣道男子団体、秋田商が準優勝 北信越インターハイ

 大将の高橋京太郎主将(3年)が、大黒柱の名にふさわしい活躍だった。個人戦では思うように技が決まらず初戦敗退。団体の予選リーグでも「個人戦の不調を引きずっていた」と父でもある高橋監督は振り返った。「弱気になっていたのが分かった」と声を掛け、奮起を促したという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 602 文字 / 残り 342 文字)

秋田の最新ニュース