山本、綴子、太田、脇一潟西が8強入り 県小学校クラブ野球

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
さきがけ八橋球場(資料写真)
さきがけ八橋球場(資料写真)

 ナイスカップ第51回秋田県小学校クラブ野球大会兼第44回県スポーツ少年団大会(秋田テレビ、県スポ少主催)は11日、秋田市のさきがけ八橋球場で開幕した。11地区の代表16チームが出場。初日は1回戦4試合を行い、山本(山本)、綴子(大館北秋田)、太田(大仙仙北)、脇一潟西(男鹿)が勝って準々決勝に進んだ。

 12日は1回戦残り4試合を実施する。

 ▽1回戦
山本    8― 6 東(秋田市)
(延長八回、八回からタイブレーク)
綴子   15―11 大潟
(延長八回、八回からタイブレーク)
太田    7― 3 将軍野
脇一潟西 14― 7 皆瀬
(五回コールドゲーム)