家族帰省できず「さみしいお盆」 マスク姿で墓参り【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録


 お盆の13日、秋田県内各地の墓地や寺院には家族連れが足を運び、先祖の霊を供養した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ほとんどの人がマスクを着用。中には家族が帰省を見送ったため、少人数で墓参りする様子も見られた。

県外に住む家族が帰省できず、少人数で墓参りする人たち=13日午前9時ごろ、秋田市飯島の同市北部墓地


 秋田市北部墓地(同市飯島)には、午前から花や供え物を持った人たちが続々と訪れた。墓の周りに生えた草を抜いたり、墓石を磨いたりと入念に掃除し、供え物をして静かに手を合わせていた。

秋田の最新ニュース