高速道路で車とクマの衝突相次ぐ 三種町と北秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内では13日、高速道路で車とクマの衝突事故が相次いだ。いずれもけが人はいなかった。

 県警高速隊によると午前10時15分ごろ、三種町鵜川字館の上の秋田自動車道上り線で、新潟市の50代男性の運転する乗用車が、左側から飛び出してきた体長約80センチのクマと衝突した。クマは左側の山林に戻っていった。現場は八竜インターチェンジ(IC)から南東約2キロ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 295 文字 / 残り 119 文字)

秋田の最新ニュース