新入り“駅員”はメダカ “清掃担当”はエビ 内陸線鷹巣駅

会員向け記事
お気に入りに登録

 新入り駅員はメダカ?―。秋田県北秋田市の秋田内陸線鷹巣駅に“駅員”のメダカと“清掃担当”のエビが配属され、列車を待つ利用者を楽しませている。


 水槽の中には体長3センチほどのメダカ3匹とエビが1匹。「新たに配属になりました」とのユニークな説明が添えてある。これらのメダカが産んだ卵がふ化し、別の容器では体長約3ミリの小さなメダカ十数匹も泳いでいる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 314 文字 / 残り 140 文字)

秋田の最新ニュース