【秋田犬新聞】“レジ打ち”でブレーク! 酒店の看板犬・梅子の日常(1)朝の散歩【動画】

お気に入りに登録

 秋田県小坂町の酒販店「リカーショップ たかはし」の看板犬「梅子」(1歳、雌)が人気だ。同店のツイッターに、まるでレジ打ちをするかのようなしぐさをとらえた動画が掲載されたのを機に注目度が急上昇。鹿角警察署からは「秋田犬(県)警察官」に任命され、メディアに登場する機会も増えている。そんな梅子は、どのような日常を過ごしているのだろうか。8月上旬のある日、梅子の一日に密着した。


 午前4時50分、記者(50)が店の裏手にある飼い主の高橋延枝さん(56)の自宅に到着すると当時に、梅子から激しくほえ立てられた。いつもは午前5時ごろから散歩を始めると聞いて、余裕を持って到着したつもりが、梅子に「遅いよ! 早くしてよ!」とせかされているかのようだった。

 「梅子はとても臆病な性格で、初めての人にはどうしてもほえてしまうことが多い。そのうち慣れればおとなしくなる」と延枝さん。その言葉通り、歩き始めて間もなく、梅子はおとなしくなった。

小坂中央公園を散歩する梅子と高橋延枝さん=午前5時ごろ


 散歩コースは町中心部にある小坂中央公園や小坂川の河川敷など。小坂鉱山事務所、康楽館などの観光スポットの近くも通る。毎日少しずつコースを変えているという。


記事全文はウェブ版「秋田犬新聞」で読めます!

秋田の最新ニュース