よこてシティマラソン、2年連続中止 コロナ収束見通せず

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
軽やかな足取りでスタートする「よこてシティハーフマラソン」の出場者=2019年9月29日
軽やかな足取りでスタートする「よこてシティハーフマラソン」の出場者=2019年9月29日

 秋田県横手市で9月26日に予定されていた「よこてシティハーフマラソン」の中止が16日、決まった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたもので、中止は2年連続。

 市や市体育協会などでつくる実行委員会が16日の会議で決定した。実行委によると、今月11日に県独自の警戒レベルが4に引き上げられ、収束の兆しも見えないことから、ランナーやスタッフ、ボランティアの安全確保が難しいと判断した。

 大会は2016年から開催され、メインのハーフ(21・0975キロ)など4種目を実施。4~7月に県内在住者に限定して参加申し込みを受け付け、1090人が登録した。参加料は今後返還する。

秋田の最新ニュース