最低賃金822円答申に異議 県労連など9団体

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
異議申し立て後に会見する県労連の越後屋事務局長(中央)ら
異議申し立て後に会見する県労連の越後屋事務局長(中央)ら

 県労働組合総連合(県労連)など9団体は17日、秋田地方最低賃金審議会が5日に答申した本県の最低賃金822円を不服とし、秋田労働局に異議申立書を提出した。

 申立書では、中央最低賃金審議会が示した目安に上積みした答申を評価した。その一方、引き上げ額は不十分で県内の労働者の生活が改善する水準ではないとして、▽最低賃金を生計維持にふさわしい額とし、地域間格差を是正すること▽中小企業や小規模事業所への支援策をさらに強化・充実させるよう政府に求めること―を訴えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 539 文字 / 残り 310 文字)

秋田の最新ニュース