ドローンのプログラミング、小学生が体験 にかほ市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ポイントに降りるドローンを見守る参加者
ポイントに降りるドローンを見守る参加者

 秋田県にかほ市黒川の市多目的屋内運動場で17日、プログラミングを使って小型無人機ドローンを動かす体験会が開かれ、小学生が地元の高校生に手ほどきを受けながらドローンを自由自在に操った。

 午前の部には小学生5人が参加。初めに仁賀保高校情報メディア科の小西一幸教諭から、タブレット端末のアプリを使ったドローンのプログラミング方法を学んだ。アプリで離陸や前進などの動きをあらかじめ設定し、ドローンがその通りに動くと子どもたちは「すごい」と歓声を上げた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 515 文字 / 残り 292 文字)

秋田の最新ニュース