おいしい出合い:「ダイニングカフェREN」トマトの冷製スープ 甘さ・酸味、素材生かす

有料会員向け記事
お気に入りに登録
素材のうま味が味わえるトマトの冷製スープ
素材のうま味が味わえるトマトの冷製スープ

 空気が澄んだ横手市大雄の田園地帯に店を構える「ダイニングカフェREN」では、今が旬のトマトを使った冷製スープ(428円)を提供している。トマトならではの甘さと酸味のバランスが取れ、濃厚さも十分。敷地内の緑豊かな庭園を目にしながら味わうと、心が一層和む。

 材料のトマトは、店長の高橋章さん(45)と家族が店の裏手にある自家農園で栽培。調理の際は大玉の「桃太郎」のほか、ミニトマトやイタリアントマトなどその日収穫した複数の品種を交ぜて使い、それぞれの割合は日によって異なる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 693 文字 / 残り 457 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース