きりたんぽがアイスに あきたこまち練りこみ、つぶつぶ食感

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市雄和の建築会社・伊藤工業は、雄和産のあきたこまちを使用した「きりたんぽアイスキャンデー」=写真=を販売している。ミルク味のアイスに白米が練り込まれ、つぶつぶした食感を楽しむことができる。

 伊藤満社長(60)が10年以上前に「冷たいきりたんぽのようなアイスがあれば面白い」と考案。製造は雄和観光農産物加工所(同市雄和)に委託している。

 毎年9月の「高尾山まつり」で直接販売するほか、60本から受注販売している。価格は1本150円(税別)。注文が入るのは年に数回程度という。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 308 文字 / 残り 69 文字)

秋田の最新ニュース