レトロな空間、交流の場に 美郷骨董美遊時庵が本オープン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「昭和レトロの部屋」を再現した展示
「昭和レトロの部屋」を再現した展示

 骨董(こっとう)品や民芸品の展示・委託販売を行う、秋田県美郷町六郷の「美郷骨董美遊時庵(みゆうじあむ)」が本オープンした。展示では昔懐かしい駄菓子や酒を売る商店街、昭和以前の家具が並ぶ部屋などを再現。担当者は「昔の大切な何かを思い出させるような空間ができた。物を通じて人が交流する場にしたい」と話す。

 1階は「時遊街道」と名付け、明治から昭和の地図や資料、映画ポスター、写真などを展示。2階は「なつかし商店街」で、電気店や漢方薬店、化粧品店などが並ぶ通りをイメージしたほか、明治、大正、昭和それぞれの一般家庭や商家の部屋を再現した。

 営業は午前10時~午後4時(最終入場)。月曜、火曜定休。展示部分は入場料400円(高校生以下200円)。販売スペースは入場無料。問い合わせは美郷骨董美遊時庵TEL0187・73・6765

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 750 文字 / 残り 389 文字)

秋田の最新ニュース