本荘東、21日藤山(山口)と初戦 全国中学校軟式野球

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
初の全国大会に挑む本荘東
初の全国大会に挑む本荘東

 第43回全国中学校軟式野球大会は21日から5日間、千葉県市原市のゼットエーボールパークなど千葉県内4球場で行われる。本県からは東北A代表として本荘東(由利本荘市)が初出場。大会初日の21日、同球場で藤山(中国・山口)と1回戦で対戦する。

 本荘東は全県大会、東北予選でも見せたパワフルな打撃が持ち味。同予選代表決定戦では、7長打を含む計16安打で12得点と爆発した。安保前咲(3年)、佐藤大翔(同)の1、2番コンビが出塁し、4番高橋歩夢(同)ら中軸がかえすのが得点パターンだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 430 文字 / 残り 192 文字)