秋田市のミュージカルクラスター 感染者は計12人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は21日、新たに男女36人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。重症者はいない。このうち9人は、秋田市文化会館で今月14、15日に一般県民も参加して行われたミュージカルの出演者で、市はクラスター(感染者集団)の発生を認定した。県内の感染者は累計1364人。

 発表は秋田市11人、県25人。ミュージカルに参加して感染した人は秋田市5人、由利本荘保健所管内4人で、いずれも年齢性別は非公表。県と市がこれまでに発表した感染者にもミュージカル出演者3人が含まれており、このクラスターでの感染者は計12人になった。

 ミュージカルは民間団体の主催。首都圏の演者に加え、一般県民からも参加者を募り、市文化会館大ホール(1188席)で計4公演を行った。市によると、1度の観客は最大で100人弱で、2日間で約400人が訪れたという。現時点で観客から体調不良の訴えなどはないという。

新型コロナウイルスに関する記事はこちら

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 728 文字 / 残り 318 文字)