パラ・ホストタウンの能代と大館、オンライン交流などに変更

会員向け記事
お気に入りに登録

 パラリンピック選手と交流する「共生社会ホストタウン」に秋田県で登録している能代、大館、仙北3市のうち、能代と大館の2市は交流事業をオンラインなどに変更して実施した。仙北市はタイの車いすバスケットボールチームが出場権を逃したため来日せず、交流事業を行っていない。

パラ交流、95%が中止や変更 障害理解の浸透に懸念も

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 485 文字 / 残り 328 文字)

秋田の最新ニュース