六回139球で降板、風間「苦しかった」 敵将の狙いぴたり

有料会員向け記事
お気に入りに登録

明桜、明徳義塾に2―8で敗れる 夏の甲子園2回戦

【明徳義塾―明桜】6回で139球を投げ、2失点で降板した明桜の先発風間=甲子園


 六回で139球を投げた。エース風間球打(3年)は苦心の投球を強いられた。「変化球を見極められ、真っすぐがカットされて苦しかった」。6安打8三振2失点。この回で降板した。

 プロ注目の速球派を相手に、百戦錬磨の明徳義塾・馬淵史郎監督は明確に狙いを定めていた。「待っていたら、すいすい行かれる。ボールを見つつも甘い球は早いカウントから打ち、追い込まれたら、形はどうでもいいからバットに当てろ」と指示。

秋田の最新ニュース