本荘東、自分たちのプレー貫く 全国中学軟式野球

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【板津―本荘東】5回裏2死一、二塁、本荘東の小野の左前打で二走・佐藤志が本塁突入を試みるも、好返球に阻まれる=袖ケ浦市営球場
【板津―本荘東】5回裏2死一、二塁、本荘東の小野の左前打で二走・佐藤志が本塁突入を試みるも、好返球に阻まれる=袖ケ浦市営球場

本荘東、8強ならず

 試合が終わっても、大半の選手は涙を見せなかった。劣勢のまま最後の攻撃となった七回裏も悲愴(ひそう)感はなく、4番の高橋歩夢(3年)が右翼線に二塁打を放つと、ベンチからは大歓声が飛んだ。藤田智也監督は「最後まで明るい雰囲気で、彼らの前向きさに助けられてここまで来られた」と、選手たちと同じ充実した表情で語った。

 二回表、無死一、二塁から相手がバントを試み、ボールが三塁線付近に転がった。本荘東の内野陣はファウルになるとみて見送ったが、内野安打となって無死満塁に。ここから連続四死球と適時打で5点を先行された。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 612 文字 / 残り 349 文字)