明桜、痛恨のスクイズ失敗 5回1死満塁の好機で…

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 これまでの勝ち試合同様、走者を動かして好機を広げる姿勢を貫いた明桜だったが、勝負どころでスクイズを決められず流れを失った。輿石重弘監督は「先手先手でうまくチャンスをつくれたが、もう一本、もう一つというところで詰められなかった」と唇をかんだ。

 秋田大会だけでなく、15日の1回戦でも強気の機動力で流れを引き寄せてきた。迎えた2回戦も二回に真柴育夢(3年)が死球で出塁し、次打者の初球にすかさずスタートを切った。盗塁を成功させ、さらに悪送球で三進。2死後に石田恋(2年)が左翼線にはじき返し、幸先よく先制した。

 1点を勝ち越された五回、その裏は無死一、二塁で上山優和(2年)がバスターから一塁手の横をゴロで抜き満塁。1死後、土居健太(3年)が打席に入り、輿石監督が選択したのはスクイズだった。

秋田の最新ニュース