角館のオンデマンド交通、仙北市民に無料キャンペーン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンデマンド交通で運行されている小型バス
オンデマンド交通で運行されている小型バス

 JR秋田支社は、仙北市角館町で9月末まで運行している「オンデマンド交通」の利用を呼び掛けている。現在は仙北市民を対象に無料乗車キャンペーンを実施中。担当者は「(観光客だけでなく)地元の人々にも利用してもらうことで地域活性化につなげたい」と話している。

 オンデマンド交通は、予約に応じて運行する乗り合いの交通サービス。JR角館駅や武家屋敷通り周辺の土産物店、飲食店、宿泊施設など市内39カ所に設けられた乗降場所間をワゴン車と小型バス2台で運行する。乗降場所であればどこでも乗り降りできる。

 スマートフォンからJR東日本が提供する移動支援サービス「TOHOKU MaaS(トウホク マース)」のサイトにアクセス。チケットを購入して出発地や到着地、乗車時間を指定する。予約は専用電話(TEL080・8607・0786)でも可能。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 688 文字 / 残り 326 文字)

秋田の最新ニュース