議員の政策立案力、提言能力どう磨く 湯沢市議会の研修始まる

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
政策立案や提言能力の向上を目的に始まった湯沢市議会の研修会
政策立案や提言能力の向上を目的に始まった湯沢市議会の研修会

 議員の政策立案や提言能力の向上につなげようと、秋田県湯沢市議会(柏原久寿議長、18人)は市役所で初の議会改革推進研修会を行い、専門家の講話を聞いたほか議員同士で討議した。来年1月までに全5回開く。

 3日に実施。早稲田大マニフェスト研究所の長内紳悟さんがオンラインで講話。議会には住民を代表し、執行機関である市を監視して自ら政策を立案する機能があると説明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 535 文字 / 残り 355 文字)

秋田の最新ニュース