最低賃金822円決定、秋田地方審 労働団体の異議受け入れず

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
本県の最低賃金を822円とすることを決めた秋田地方最低賃金審議会の第4回会合
本県の最低賃金を822円とすることを決めた秋田地方最低賃金審議会の第4回会合

 秋田地方最低賃金審議会(赤坂薫会長)は23日、本県最低賃金の30円の引き上げは不十分だとする県労働組合総連合(県労連)などの異議申し立てを受け入れず、30円増の822円とすることを決めた。新しい最低賃金は来月1日の官報公示を経て、10月1日に発効される見通し。

 秋田市山王の秋田合同庁舎で第4回会合を開き、公益、労働者、使用者の代表計13人が異議申し立てについて審議した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 615 文字 / 残り 428 文字)

秋田の最新ニュース