宿泊「県民割」の予約期限 8月末→10月末へ延長検討

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「『旅して応援!』あきた県民割キャンペーン」のチラシ
「『旅して応援!』あきた県民割キャンペーン」のチラシ

 秋田県は24日、新型コロナウイルス下での宿泊費補助事業「『旅して応援!』あきた県民割キャンペーン」について、予約受け付け期限を現在の8月末から10月末に延長することを検討していると明らかにした。既に入っている予約を含めた利用実績の見込みが予算額の約8割にとどまっていることから、受け付け期間の延長により、利用を促したい考えだ。

 県民割は、県内在住者を対象に今年4月から始まった事業。県内の宿泊や日帰り旅行について、5千円を上限に半額助成する内容。利用者には最大2千円分の地域限定クーポンも配布する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 592 文字 / 残り 342 文字)