モンベル、にかほに東北最大級店舗 市、アウトドア拠点整備

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県にかほ市は24日、道の駅象潟「ねむの丘」エリアにアウトドアアクティビティー拠点施設を整備する考えを示した。施設には、アウトドア用品大手・モンベル(大阪市)の直営店が出店する。モンベルの店舗としては東北最大級の規模となる見込みで、2023年度の開業を目指す。同日開かれた市議会全員協議会で明らかにした。

 市によると、拠点施設はねむの丘北側に整備。駐車場を含む敷地面積は約5千平方メートル。鉄骨造り一部2階建てで、延べ床面積は約1670平方メートル。モンベル直営店のほか、ビジターセンターやアウトドア用品のレンタルスペース、クライミング体験やカヌーの試乗などができるブースを備える。アウトドア専門の指導員やガイドの育成も行う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 872 文字 / 残り 557 文字)

秋田の最新ニュース