JC男鹿跡地に伊徳出店へ届け出 南側には認定こども園開設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県男鹿市船越字内子のジョイフルシティ(JC)男鹿跡地にショッピングモール建設を計画しているスーパーの伊徳(大館市)などは、大規模小売店舗立地法に基づき男鹿市に新設の届け出を行った。スーパーのほか、ドラッグストアなど現時点で9店が出店する予定で、来年4月21日のオープンを目指す。隣接地には男鹿市が既存の4保育園を統合して新たに認定こども園を開設する方針で、9月定例会に土地の取得費用を盛り込んだ補正予算案を提出する。

 伊徳などによると、届け出は12日付。名称は「男鹿なまはげモール」で、伊徳が所有する国道101号に面した敷地約4万6千平方メートルのうち、約3万4千平方メートルを活用して整備する計画。今月16日から建設に向けて工事が始まっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 886 文字 / 残り 560 文字)

秋田の最新ニュース