波はチャーハン!? 日常にある物がミニチュア世界で別物に

会員向け記事
お気に入りに登録

 きりたんぽの木立、チャーハンの波、パンの新幹線―。秋田市中通の県立美術館で、食べ物や日用品などのミニチュアを別の物に見立てた作品展「MINIATURE LIFE(ミニチュア・ライフ)展―田中達也 見立ての世界」が開かれている。作品は自由に撮影できる。29日まで。

「チャーフィン」と名付けられた、チャーハンの「波」に乗る人の作品

パンを新幹線と駅に見立てた「新パン線」


 ミニチュア写真家、見立て作家の田中さんの作品約150点が展示されている。きりたんぽを木に見立て、人のミニチュアを配置した「もりたんぽ」、ストローやスプーンなどでテーマパークを表現した「ディッシュニーランド」など、日常にある物が全く違って見えてくる驚きを楽しめる。

 午前10時~午後6時(最終入場は5時半)。入場料は千円、高校・大学生は800円、小・中学生は500円。問い合わせは実行委員会事務局TEL018・888・1505

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 488 文字 / 残り 143 文字)

秋田の最新ニュース