完全復活!頼れる「壁」 ブラウブリッツDF千田海人

有料会員向け記事
お気に入りに登録

これまでも
大きなけがを経験し、
そのたびに必ず成長して
戻ってくることができた



 サッカーJ2残留に向けてハードな戦いが続くブラウブリッツ秋田に、頼れるセンターバックが戻ってきた。今年1月のキャンプで右肩を負傷してリハビリを続けてきたDF千田海人(26)が、今月9日の松本戦に今季初出場。元気なプレーでファンを安心させた。フィジカルと空中戦の強さを武器に「秋田の壁」となって敵チームの前に立ちふさがる。

セカンドボールに駆け寄る秋田の千田(中央)。手薄なDF陣を支える=9日夜の松本戦、秋田市のソユースタジアム

進化を遂げた肉体


 強く大きい選手と対峙(たいじ)する時ほど、千田の対人守備は輝きを放つ。復帰2戦目となった14日の大宮戦では0―1の後半、追加点を狙う大宮が途中投入した外国人FWイバを徹底マーク。激しく体を寄せて自由にプレーさせなかった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1604 文字 / 残り 1287 文字)

秋田の最新ニュース