神戸国際大付6―7近江 近江がサヨナラ勝ち

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
神戸国際大付―近江 9回裏近江1死一塁、春山が右中間にサヨナラ打を放つ。捕手西川=甲子園
神戸国際大付―近江 9回裏近江1死一塁、春山が右中間にサヨナラ打を放つ。捕手西川=甲子園

 近江がサヨナラ勝ち。6―6で迎えた九回1死一塁から春山の適時打で、接戦を制した。先発の山田は威力のある直球で6回2失点。九回途中から2度目のマウンドに立ち、勝ち越しを許さなかった。

 神戸国際大付は4点を追う九回、2死走者なしから追い付く粘りを見せたが、4番手で登板した中辻が甘く入ったボールを打たれた。