自民党総裁選への対応、県連が来月3日に協議

会員向け記事
お気に入りに登録

 自民党総裁選の日程が決まったことを受け、党秋田県連の加藤鉱一副会長は26日、党所属県議でつくる常任総務会を9月3日に開き、対応を協議する方針を示した。「秋田出身の菅首相に頑張ってほしい。県連として意思統一できればいいと思っている」と話した。

岸田氏「政治の信頼回復」 自民総裁選に立候補表明
自民総裁選実施方針を確認 首相、二階幹事長と会談
「時期が来れば出馬する」と首相

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 294 文字 / 残り 110 文字)

秋田の最新ニュース