得意のロースコア展開に持ち込めるか ブラウ、敵地で琉球戦

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
22日の長崎戦の後半から出場し、守備を立て直した秋田の藤山(左)=ソユースタジアム
22日の長崎戦の後半から出場し、守備を立て直した秋田の藤山(左)=ソユースタジアム

 サッカー明治安田J2(22チーム)13位のブラウブリッツ秋田は28日午後6時半から、沖縄県沖縄市のタピック県総ひやごんスタジアムで4位の琉球と対戦する。得意のロースコアの展開に持ち込み、勝ち点3をもぎ取りたい。新型コロナウイルスの緊急事態宣言の対象地域となっている沖縄県からの要請を受けて無観客で開催される。

 琉球は14勝6分け6敗、勝ち点48。6月の前回対戦では、後半ロスタイムに琉球に先制されたが、その直後にロングボールの流れから秋田のFW三上陽輔のゴールで追い付き引き分けた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 596 文字 / 残り 354 文字)

秋田の最新ニュース