美郷出身藤井さん、車いすバスケの妻指導、夫婦でメダル挑戦

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 東京パラリンピックの車いすバスケットボールで、27日に準々決勝進出を決めた女子チーム。日本代表共同主将としてチームをけん引するフォワード藤井郁美さん(38)は、夫が男子車いすバスケで過去4回パラリンピックに出場した美郷町出身の藤井新悟さん(43)。練習は新悟さんが指導に当たっており、夫婦で大会に臨んでいる。

女子は1次L突破、男子2連勝 車いすバスケ・27日

2016年に古里の美郷町で講演する藤井新悟さん

 新悟さんは2004年のアテネ大会で初めて日本代表入りし、08年北京、12年ロンドン大会では主将。16年リオデジャネイロ大会でもチームの司令塔として活躍した。現在は宮城県の車いすバスケチーム・宮城MAXのヘッドコーチを務め、郁美さんら所属選手の指導に当たる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 866 文字 / 残り 556 文字)

秋田の最新ニュース