県の宿泊費補助、10月末まで予約期限延長 利用は年末まで

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県は27日、新型コロナウイルス下での宿泊費補助事業「『旅して応援!』あきた県民割キャンペーン」について、今月末までとしていた予約受付期限を10月末まで延長すると発表した。

 県民割は、県内の宿泊や日帰り旅行について、5千円を上限に半額助成する内容。利用できる期限は12月末までとなっており、変更はない。新型コロナの感染状況によっては、事業が停止となる可能性もある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 354 文字 / 残り 170 文字)

秋田の最新ニュース