TDK、洋上風車の磁気製品生産へ 3社との連携を発表

会員向け記事
お気に入りに登録

 三菱商事子会社の三菱商事エナジーソリューションズと再生可能エネルギー発電のウェンティ・ジャパン(秋田市)、北都銀行(同市)は27日、県内で洋上風力発電分野での部品供給網(サプライチェーン)の構築を目指し、TDKと連携すると発表した。TDKは「サプライヤー(部品の供給業者)としてできることに取り組む」としている。

県内に洋上用風車部品供給網 三菱子会社など、TDKと連携

 サプライチェーンの構築は、各社の連携強化により、競争力を高め、風力発電関連産業への県内企業の参画を促す狙い。3社によると、にかほ市、由利本荘市に主力生産拠点を置くTDKに風車の発電機に使う磁気製品の製造を担ってもらうことを想定。サプライチェーンに参画する他の製造業者が架台などを製造することを見込み、県内で風車の中核部品を生産できる体制の構築を進める考えだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 638 文字 / 残り 273 文字)

秋田の最新ニュース