美郷町に小水力発電所が完成 農業用水を活用

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
美郷町に完成した小水力発電所
美郷町に完成した小水力発電所

 農業用水を利用した小水力発電所が秋田県美郷町本堂城回に完成し、24日に竣工(しゅんこう)式が行われた。県が整備し、県仙北平野土地改良区(伊藤稔理事長)が管理する。最大出力は49キロワットで、年間発電量は一般家庭約90世帯分に相当する。

 工事は昨秋から行い、今年6月に完成した。総事業費は3億4千万円。地下の水路を流れる農業用水の16メートルの落差を利用して水車を回し、発電する。東北電力に売電し、年間841万円の収入を計画している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 544 文字 / 残り 327 文字)

秋田の最新ニュース