仙北市施設、団体客の受け入れ停止 感染拡大受け9月末まで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
武家屋敷通りにある角館樺細工伝承館の入り口。新型コロナの影響で通りには観光客が見られない
武家屋敷通りにある角館樺細工伝承館の入り口。新型コロナの影響で通りには観光客が見られない

 秋田県仙北市は30日、市役所田沢湖庁舎で新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、市が管理運営する施設について、学校の体験学習や修学旅行、20人以上の一般団体客の受け入れを来月末まで停止することを決めた。市内で感染が拡大していることを受けた対応。個人客の入館はこれまで通り受け入れる。

 受け入れを停止するのは角館樺(かば)細工伝承館、田沢湖クニマス未来館、思い出の潟分校のほか、角館町平福記念美術館や市が管理する武家屋敷など。学校単位の受け入れは市内外、人数を問わず行わない。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1000 文字 / 残り 760 文字)

秋田の最新ニュース