日航の「鶴丸」が金色に 五輪パラに合わせ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田空港に展示されている貨物けん引車両「トーイングトラクター」に描かれている日本航空のシンボルマーク「鶴丸」が、東京五輪・パラリンピックの開催に合わせて金色に変更されている。

 鶴丸は通常、赤色だが、日航は大会の機運を高めようと、尾翼に「金の鶴丸」をあしらった特別塗装機を運航。全国のトーイングトラクターの「鶴丸」もシールを貼るなどして金色にしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 316 文字 / 残り 140 文字)

秋田の最新ニュース