県コロナ経済対策、観光や飲食業支援に重点 冬季旅行割引も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 3日に県が発表した2021年度一般会計補正予算案は、新型コロナウイルス禍での経済対策の経費を盛り込んでいる。観光や飲食業への支援など「県内経済の下支え」に重点を置いた内容となっている。

県北、県南にコロナ宿泊療養施設 県補正予算案116億円

 雇用維持や事業継続、県内経済の下支えには30億394万円を盛り込んだ。新型コロナで打撃を受けている観光分野への支援を継続。人手不足に悩む県内企業の採用活動を後押しする事業も実施する。

 観光関連では、県内発着の旅行プランについて、県民1人当たり最大6千円の割引を受けられる事業を始める。期間は今年11月から来年2月まで。補助対象は県内の旅行業者で、1事業者当たりの限度額は530万円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 685 文字 / 残り 373 文字)

秋田の最新ニュース