県北決勝は桂桜―松陽 秋季高校野球地区大会

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋季高校野球地区大会は4日、県北、県南両地区で準決勝、中央で準々決勝1試合を行った。県北は大館桂桜、能代松陽が決勝に進出し、県大会出場権を獲得。県南は湯沢翔北と大曲工が決勝に進んだ。中央は本荘と秋田中央が準決勝に駒を進め、県大会出場を決めた。秋田中央は秋田商の関係者に新型コロナウイルス感染者が出たため不戦勝となった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 383 文字 / 残り 223 文字)

秋田の最新ニュース