4カ月ぶりホーム戦勝利 終了直前、DF飯尾殊勲のゴール

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―群馬】後半ロスタイム、秋田の飯尾(中央手前)が決勝ゴールを押し込む=ソユースタジアム
【秋田―群馬】後半ロスタイム、秋田の飯尾(中央手前)が決勝ゴールを押し込む=ソユースタジアム

 サッカー明治安田J2(22チーム)は4日、各地で第28節第1日の8試合を行った。ブラウブリッツ秋田は秋田市のソユースタジアムで群馬に1―0で競り勝ち、7試合ぶりの白星を挙げた。ホーム戦勝利は4月25日の水戸戦以来。

 約4カ月ぶりとなるホーム戦の勝利だった。決勝ゴールは後半ロスタイムの目安の4分が過ぎた終了直前に生まれた。最後に訪れたCKのチャンスで、DF飯尾竜太朗が泥くさく殊勲のゴールをねじ込んだ。

 準備してきた形の一つだった。MF普光院誠がクロスを上げると、DF千田海人が相手DFを引き付け、こぼれ球に秋田の3選手が群がった。その一人の飯尾の前にボールがこぼれると、倒れ込みながらもゴールに入れた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 673 文字 / 残り 370 文字)

秋田の最新ニュース