ホストタウンの大館、能代市 東京パラ出場選手を応援

会員向け記事
お気に入りに登録

 東京パラリンピックでタイのホストタウンとなっている秋田県大館市は4日、同国のボッチャのチーム(脳性まひ)を応援するイベントを開いた。タイは3連覇を達成。市民約80人が応援動画の撮影に臨んで試合前の選手にメッセージを送り、金メダルを後押しした。決勝のパブリックビューイング(PV)は、会場で放映する予定だったテレビ中継が取りやめになり中止となった。

 イベントはニプロハチ公ドームで行われ、タイが日本と対戦する準決勝の前に応援動画を撮影。親子連れらがタイの国旗を振り「タイランド、スースー(タイ、頑張れ)」と声を張り上げた。動画はすぐタイ選手団に送られた。

応援動画の撮影でタイ選手に声援を送る大館市民

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1893 文字 / 残り 1616 文字)

秋田の最新ニュース