避難スペース「狭い」 揺れる八峰町防災コミセン建設計画

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県八峰町が岩館地区に予定する「防災コミュニティセンター」の建設計画が揺れている。新型コロナウイルス流行の状況を踏まえ、町議会や自治会から、施設内に設ける災害時の避難スペースが「狭過ぎる」と指摘を受けたためだ。当初は来年春の完成を目指していたが、計画を変更する方針。完成時期の見通しは立っていない。

 町は当初、老朽化した岩館体育館と岩館生活改善センターを解体し、体育館跡地と空き地部分を使い、避難所機能を持つ防災コミセンを建設するとした。2021年度一般会計当初予算には、岩館体育館の解体費と防災コミセンの実施設計費の計2090万円を盛り込んだ。

 町が4月に町議会全員協議会や地元自治会に示した設計案によると、防災コミセンは平屋で総床面積は約320平方メートル。このうち、施設内のホール(約94平方メートル)と談話室(約23平方メートル)が避難スペースを兼ねる。新型コロナ対策で仕切りを設けるなどした場合、10人程度が寝泊まりできるという。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1012 文字 / 残り 590 文字)

秋田の最新ニュース