熊谷選手の両親「結果十分、頑張った」 秋田市の自宅で応援

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京大会の公式Tシャツ姿で熊谷選手のレースを振り返る父剛さんと母慶子さん
東京大会の公式Tシャツ姿で熊谷選手のレースを振り返る父剛さんと母慶子さん

 5日行われた東京パラリンピックの陸上男子マラソン(視覚障害T12)に出場した熊谷豊選手(34)の父剛さん(77)と母慶子さん(72)は、秋田市の自宅でテレビ中継を見守り健闘をたたえた。

 この日のマラソンは障害のクラス別、性別で複数のレースが行われた。終了後取材に応じた2人によると、慶子さんは熊谷選手のレースが映るたび手を合わせて応援。剛さんは、途中棄権する選手を見て熊谷選手の様子を心配していた。終了後は、知人からの電話がやまなかったという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 459 文字 / 残り 236 文字)

秋田の最新ニュース