悠仁さま、15歳に コロナ禍でも学習に取り組む

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋篠宮さまと本を挟んで語る悠仁さま=8月5日、赤坂御用地の宮邸(宮内庁提供)
秋篠宮さまと本を挟んで語る悠仁さま=8月5日、赤坂御用地の宮邸(宮内庁提供)

 秋篠宮家の長男悠仁さまは6日、15歳の誕生日を迎えた。お茶の水女子大付属中3年となり、新型コロナウイルス禍で学校行事にさまざまな影響が出る中、オンラインを交えながら学習に取り組んだ。来春には中学の卒業に伴い、女子高である同大付属高以外の進学先を探す見込み。

 修学旅行はコロナ禍で中止となり、代わりに3日間の校外学習に参加。社会問題に取り組む人々の話に耳を傾けた。花屋を訪れた際には店で働く障害者と交流。また、水上バスに乗って海上から東京五輪の関連施設なども見学した。

 体育大会や音楽発表会の開催に制限が加わる中、友人らと力を合わせてダンスや歌の練習に励んだ。