県民謡協会にサントリー地域文化賞 コロナ禍での活動評価

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
受賞した県民謡協会の王藤理事長(中央)。右は協会の佐藤富一事務局長、左はサントリー酒類の林秋田支店長
受賞した県民謡協会の王藤理事長(中央)。右は協会の佐藤富一事務局長、左はサントリー酒類の林秋田支店長

 サントリー文化財団(大阪市)は7日、地域文化の発展に貢献した団体などを顕彰する「第43回サントリー地域文化賞」に秋田県民謡協会(王藤=おうとう=正蔵理事長)など全国5団体を選んだ。本県関係の受賞は2010年の小坂町以来5件目。

 県民謡協会は「民謡王国」と称される本県で歌い手の親睦を図り、業界を盛り上げようと1980年12月に設立。指導者育成のために研修会を開くなど伝統継承に力を入れている。若い世代に秋田民謡の魅力を伝えるため、動画投稿サイト「ユーチューブ」での配信や、オンラインでの指導教室を行い、新型コロナウイルス禍でも積極的に活動してきた点が評価された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 557 文字 / 残り 275 文字)

秋田の最新ニュース