ペレ氏が腫瘍の摘出手術 サッカー元ブラジル代表

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
サッカー元ブラジル代表のペレ氏
サッカー元ブラジル代表のペレ氏

 サッカー元ブラジル代表で「王様」と称される80歳のペレ氏が6日、サンパウロ市内の病院で結腸の腫瘍の摘出手術を受けたことを明らかにした。先週の定期健診で腫瘍が見つかり、4日に手術を受けた。経過は良好だという。(AP=共同)