処理水放出で情報提供求める 安全性担保巡りIAEA幹部

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に関し、関係省庁と意見交換するIAEAのエブラール事務次長(右)=7日午前、経産省(経産省提供)
東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に関し、関係省庁と意見交換するIAEAのエブラール事務次長(右)=7日午前、経産省(経産省提供)

 来日中の国際原子力機関(IAEA)で原子力安全局を担当するエブラール事務次長は7日、経済産業省を訪れ、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出について「安全性の担保には、詳細な情報に基づき放出計画を議論する必要がある」と述べ、東電や日本政府からの情報提供を求めた。

 関係省庁との意見交換で、エブラール氏はIAEAの安全性に関する基準に沿って「放射線や環境安全の側面から監視したい」と強調。放出に伴う評価対象やその手法について詳細な情報を議論することで、透明性ある評価が可能だとした。