初めてのコメ作り「面白い」 神戸→由利本荘で就農した若者

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 農業経験のない秋田県外出身の若者が今春、由利本荘市で就農し、初めてのコメ作りに励んでいる。市によると、地元にゆかりのない県外出身の人が就農するケースは極めて珍しいという。月内に稲刈りが始まる予定で、「一生懸命育てたコメを早く味わってみたい」と日焼けした顔をほころばせた。

由利本荘市で就農し、初めてのコメ作りに取り組んでいる田中さん=由利本荘市岩城


 若者は神戸市から移住した田中佑弥さん(25)。兵庫県内の大学で言語学などを学び、就職活動の時期を迎えた昨年、「どうせなら好きなことをやりたい。大好きなコメを作ってみたい」と一念発起した。

 当時、米どころとして思い浮かんだ場所の一つが本県。県農業公社(秋田市)に問い合わせると、インターンシップ(就業体験)を受け入れている由利本荘市芦川の農業法人・折林ファームを紹介され、昨年11月に初めて本県を訪れた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 983 文字 / 残り 645 文字)

秋田の最新ニュース