県内企業の女性管理職、過去最高11・9% 全国平均上回る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 帝国データバンク秋田支店がまとめた秋田県内企業の女性登用に関する調査結果によると、管理職に占める女性の割合は前年比1・8ポイント増の11・9%で、2013年の調査開始以来最高だった。一方で、女性管理職の割合が今後も変わらないと見込む企業は約6割に上っており、将来的な女性登用に消極的な傾向もうかがわれる。

 県内企業の女性管理職の割合は全国平均より3・0ポイント高かった。同支店は「低水準ながらも徐々に女性登用への意識が高まっている」とみている。女性役員の割合は全国平均より2・9ポイント高い14・7%だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 685 文字 / 残り 430 文字)