河野氏、原発の再稼働必要 高市氏は処理水放出否定的

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
記者団の取材に応じる河野行革相=8日午後、東京都千代田区
記者団の取材に応じる河野行革相=8日午後、東京都千代田区

 河野太郎行政改革担当相は8日、原子力発電政策を巡り「安全が確認された原発を再稼働していくのは(温室効果ガス排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルを目指す上である程度必要だ」と述べた。一方、自民党の高市早苗前総務相は総裁選出馬表明の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出に否定的な見解を示した。「風評被害を広げる可能性がある。そのリスクがある限り放出の決断はしない」とした。

 河野氏は持論とする脱原発について「来年にやめろとは言わないが、いずれ原子力はなくなる」と語った。エネルギー政策は、再生可能エネルギーの導入を最優先に進めると強調した。