こまちとクマ衝突、最大1時間半の遅れ けが人はなし

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 8日午後7時20分ごろ、JR田沢湖線刺巻―神代間を走行していた下りの秋田新幹線こまち35号がクマと衝突し、緊急停車した。けが人はいなかった。この影響で、こまち上下3本と普通列車上下2本に最大1時間半の遅れが出た。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 196 文字 / 残り 89 文字)

秋田の最新ニュース